マウス・ラット用体温管理


RightTemp™ 小実験動物用体温管理装置

2本の温度センサーにより実験動物の直腸温等をモニタリングし、情報をフィードバック
して保温パッドの温度コントロールを行いながら設定した動物体温を維持します。
直流電圧コントロール方式なので温度コントロールによるノイズが発生せず他の装置に影響を与えません。また必要最小限の保温パッドの温度コントロール、遠赤外線ヒーターにより実験動物を安全・安心に温度管理を行います。保温パッドはマウス用・ラット用の2タイプが標準装備、パッドはフラットでも動物の体を巻くことも可能な柔らかい材質を使用しています。


RightTemp写真

マウス・ラット等の小実験動動物の体温管理に最適な
遠赤外線を使用、安全・安心に保温ができます。


  • 長時間温度コントロール可能
  • 小実験動物の正確な温度測定・表示
  • 設定温度、測定温度のスクリーン表示が可能

キャンペーンチラシ

     カタログ

ページトップへもどる

MANTELLO™ 小実験動物用保温装置

保温パッドの温度を約30~40℃前後(室温の設定温度により多少前後します)の間で、
10段階に設定できます。CODA非観血血圧モニター、MouseSTATパルスオキシメーター
には2種類の保温パッドが標準付属、単体のMANTELLOには専用温度コントローラー
(カタログ写真を参照してください)が各保温パッドに付属します(保温パッドはマウス用
かラット用のどちらかをお選びください)。使用している保温パッドはRightTempと共通
です。


MANTELLO写真

  • CODAモニター、MouseSTATの保温装置
    として各装置に標準付属
  • 単体でも手術中、術後の小実験動物温度管理
    を安全に、効果的に行えます
  • 保温パッドは、マウス用(スモール)、
    ラット用(ミディアム)の2サイズを用意

カタログ

ページトップへもどる